合格率はどれぐらい?

合格率はどれぐらい?

ファイナンシャルプランナー(現在の資格制度になるまでに色々あったので、民間資格だけを所持していても名乗ることができます)の資格取得試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)の合格率って、いくらなんだといえます?

国家資格(税理士や行政書士など、その国家資格の試験に合格しなくても、他の国家資格に合格するなどすれね、取得できる国家資格もあります)のファイナンシャルプランナー(FPと略され、日本FP協会というNPO法人も存在します)資格試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)のここ数年の合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)の平均は、

・1級であれね、学科が9.4%、実地が79.6%
・2級の場合は、学科が27.3%、実地が34.4%
・三級ともなると、学科が66.5%、実地が51%

上の級になるにつれ、学科は合格率が低くなって、難関となってくる傾向にあるのではないでしょうか。

一級は、10%以下の難関とは言え、そのときによって合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。 受験する時の目安にされます)のばらつきもあるみたいです。

実務的な内容の問題が多く出されるため、実務経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)もなく、独学(学校などの教育施設で先生や講師に教わるのではなく、一人で勉強をすることをいいます)で資格取得を狙っている方には、かなり難しいと言えますね。

2級や三級向けの講座などは多いですよねが、1級向けの講座はあまり無いので、結果的に独学(効率よく勉強しないと、見当違いの勉強をしていても誰も注意してくれませんね)で学ぶ人が多く、しかも、試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)範囲が広いことから、更に、難関になるという事になるかもしれません。

1級の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を取得しようと行っている人は、かなりの勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)をしなくては合格は出来ないと思われます。

1級を目指している方は、出来れば専門学校(○○専門学校という学校名ではない専門学校がある反面、まぎらわしい学校名の無認可校もあります。 無認可校を卒業しても学歴にはなりませんので、注意が必要でしょう)でしっかり学び、試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)対策をする事がお勧めです