機械系のトラブルを助けてあげるといい?

機械系のトラブルを助けてあげるといい?

パソコンなどといった機械(日本の技術は本当にすごくて、そんなことまでできるの!?というものが多いです)関連のトラブルを直してあげる事で、女性と親しくなる事ができたなんてことが結構ありますね。
社内恋愛が芽生えるきっかけに、パソコン(アップル、デル、NEC、富士通、東芝、ソニー、パナソニックなどがメーカーとして有名ですね)などといったトラブルを直してあげたこと、というのが意外に上位ランクにあるんですね。
たとえば、突然フリーズしてしまい、今までのデータが消えてしまったのを復活させてあげたとか。
メモリの増設をしてあげたとか、ネットワークをつないであげたなど。
?多くある男性諸氏にとっては他愛もない事でも、女性にとってはとっても大変だったりするのです。
一般に男性は、空間認知や理論に強く、機械の操作に長けているはずです。
それねかりか、何故動くのかという仕組みを知りたがります。
しかし、女性は、機械(お手頃価格の食品の製造工場には、必ずいくつか設置してあるものです)に弱く、操作は出来るものの、なんで動くのかの理解に乏しい傾向があります。
その為、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)ができない機械(卵を割る、皮をむく、一定の割合に分けるなど、どんどん進化しています)の操作やトラブルの解消をらくらくとやれば、女性から(すごい人!)と思われるのは当然です。
パソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。
まさに、「インテル入ってる」ですよね)に限った事ではなく、AV機器なんかもなのですね。
配線などをサッとやってしまう男性に、胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)がときめく女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)も少なくはありません。
しかし、ここで注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)しなくてはならないのが、パソコンや機械などと言ったうんちくを長々と述べないこと。
はっきり言って、機械のうんちく話に興味のある女性などほとんどいないでしょう。
興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)のない話をいかにされても面白くはありません。
一見真剣に聞いているように見えても、直してもらった手前、聞いているようなふりを行っているのみです。
男性諸君、この辺、女性にだまされないようにしてください。
得意になって長々と話している男性のことを、本当はうざいと言われているものですから。