キャッシング審査の仕組み

キャッシング審査の仕組み

融資をした相手が確実に返済できる能力を有しているかを見極めるためのものが、キャッシングの審査というものです。それぞれのキャッシング会社によって、審査の基準は違うといいます。返済能力が十分でないと、審査の結果で判断されれば融資をキャッシング会社から受けることはできません。かつては審査自体に時間がかかり、申込みから融資まで数日間の間が開くのが普通でした。キャッシング会社の中には、即日キャッシングといって審査にほとんど時間をかけないところも近頃は増加しています。キヤッシングの審査では、身分証明書による本人確認を行い、申込み内容に虚偽がないかを確認します。キャッシングの申込み書類に事実と異なることを書いていると、なかなか審査に通ることはできないでしょう。個人信用情報機関に、これらの情報を元にしてキャッシング会社は照会するのです。過去に利用履歴があるか、申込み者が他のローンを利用しているかどうかなどを確認するそうです。個人信用情報機関は幾つかありますが、多くのキャッシング会社は複数の個人信用情報機関に加盟し、照会を行っています。事故情報として記録が残るのは、キャッシングの返済を3ヶ月以上滞納したことがある人です。4件以上のキャッシング会社から同時に融資を受けている人には、審査をしても新たな融資を行わないとする自主規制ルールが、消費者金融にはあるといいます。