日経225は長期投資には向かない?

日経225は長期投資には向かない?

現在の日本の株価(その日の最初の価格を始値・はじめね、最後の価格を終値・おわりねといいます。
今日の終値は○○円なんて、よくニュースでいいますよね)は、かなり停滞していると言っても過言ではないでしょう。
そう考えると、今後は上昇するしかないからは?と思い、日経225に対して長期で投資をしてみようと思っていらっしゃる方も多い事となっています。
確かに、いままでの日本の株価の歴史(幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は京都の人気スポットの一つでしょう)を振り返りみたら、波はあったものの着実に値上がりを続ける事によってきました。
けれど、ここ10年近くの株価(その日の最初の価格を始値・はじめね、最後の価格を終値・おわりねといいます。
今日の終値は○○円なんて、よくニュースでいいますよね)を考えて見ると、景気低迷が続き、上昇の兆しが全く見えてきませんね。
基本的には、このまま日本のデフレ(需要に対して供給が過?な場合に起こるといわれていて、不況になる一因だと考えられているのです)が続いていく限り、企業の業績が伸びない為に、殆どの銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)において株価(その日の最初の価格を始値・はじめね、最後の価格を終値・おわりねといいます。
今日の終値は○○円なんて、よくニュースでいいますよね)の値上がりは期待出来ないと言っても良いのでしょうか。
これが個別の有望企業の銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)であれば話は別とはいえ、デフレ(物価は下がるものの、失業の危険性が高くなるといわれています)経済が続く限り日経225(必ずといっていいほど、その日の指?がニュースでも紹介されています)を長期で運用しようと思っても、それほど期待できないといった訳です。
また、日経225(日本経済新聞社の登録商標であり、海外でもNIKKEI225と表記します)に関しては、世界の経済ニュースや情勢に対して敏感に反応する特徴を持っているんです。
例えば、政治的、経済的な事柄について重大なニュースが出た場合などは株価にすばやく反応する為、割と気軽に利ざやを得る事が出来しまうのです。
つまり、長期投資よりも短期投資(それほど大きな損失がでにくいといわれています)の方が、予想が立てやすくなるみたいです。
そのように考えてみれね、短期投資(大きな利益は出しづらく、手?料や投資への所要時間が多くなるというデメリットもあります)の方が効率も良さそうに思えてくるのではないでしょうか?当り前ですが、これから国内の経済情勢が立ち直って市場も上向くと判断した場合には、日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)で長期投資するのも一つの手です。
どちらが良かったかは、損益を確定した後でなければわかりませんね