裁判離婚の期間ってどれぐらい?

裁判離婚の期間ってどれぐらい?

裁判離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)の期間は、一体どれぐらいかかるものなのでしょうか?

裁判離婚の期間は、おおよそ1年〜2年はかかるみたいですよ。

まず、裁判離婚は、訴状を出してから一ヶ月から一ヵ月半ほどで、一回目の口頭弁論が行われます。

そして、訴訟の審理が月1くらいで行われます。

そうして、約1年〜2年かかります。

しかし、問題に納得ができなかったりなどで、長引いてしまうこともあります。

裁判離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)を経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)された方で、最高裁まで争った方がいらっしゃるのです。

その方は、約3年かかったになるんです。

裁判官は、和解できそうであれば、和解を勧めてきます。

もし、和解出来る事なら、期間も短く、一年以内に終わることもあります。

裁判離婚(一度成立した婚姻を解消することです)となると、時間もお金も、自分が思っている以上にかかってしまうものなんです。

でも、裁判離婚(一度成立した婚姻を解消することです)で勝ってしまえば、強制的に離婚(一度成立した婚姻を解消することです)させられます。

裁判離婚はとても大変なものなので、協議離婚や調停離婚で上手く離婚(一度成立した婚姻を解消することです)に持っていけるのがベストですね。